染色整理仕上機械など産業機械の設計・製造・販売
花山工業株式会社
繊維業界におけるアジアの人口増加と労働力について

現状と課題
世界の人口は約73億人と言われています。その中の約50%がアジアで暮らしています。
人口が多く経済発展が期待されるアジア諸国へ進出する日本企業は増加傾向にあるが、課題も多いのが現状です。
繊維産業は、労働集約的な側面をもつため、これまで人件費の安いところへ生産がシフトするという歴史をたどってきました。
しかし近年は、環境問題や、短納期、自動化、発展途上国の急速な経済発展等により大きく変化しつつあります。
これからは労働コスト中心の考え方から、労働者の質や環境対策が問われる時代になりそうだと考えます。

アジアの人口推移及び生産年齢人口比率
2015年 2030年 人口
増加率
賃上率
(2016年)
生産年齢
人口比率
識字率
(15歳<)
インド 1,311,051 1,527,658 117% 10.0% 66% 72%
インドネシア 257,564 295,482 115% 10.1% 67% 95%
パキスタン 188,925 244,916 130% 10.8% 61% 56%
バングラデシュ 160,996 186,460 116% 9.8% 68% 62%
フィリピン 100,699 123,575 123% 5.4% 64% 97%
ベトナム 93,448 105,220 113% 9.8% 70% 95%
タイ 67,959 68,250 100% 4.2% 72% 94%
ミャンマー 53,897 60,242 112% 10.3% 67% 93%
マレーシア 30,331 36,107 119% 4.8% 70% 95%
スリランカ 20,715 21,536 104% 7.6% 67% 93%
カンボジア 15,578 18,991 122% 9.6% 64% 78%
ラオス 6,802 8,489 125% 5.9% 61% 80%
シンガポール 5,604 6,418 115% 3.0% 73% 97%
中国 1,397,030 1,441,180 103% 6.1% 64%
日本 127,090 119,125 94% 2.0% 46% 100%
*生産年齢人口とは15~65歳の人口を表す。   (引用:ジェトロセンサー2017.7.)
*人口の単位:千人                       

今後の取り組み
日本はこれから人口が減少し、生産労働人口も低比率で推移すると予測されていますが、
アジア諸国は生産年齢人口比率が高く発展が大いに期待できます。
今後は、国内生産と海外生産を有効に活用し、顧客満足を最優先に考える当社のグローバル展開を更に強化していきたいと考えています。