染色整理仕上機械など産業機械の設計・製造・販売
花山工業株式会社
2019年の繊維機械統計について

2019年の繊維機械統計について
 
生産合計(1~10月累計)を見ると対前年比で74%と低調に推移していますが、機械の種類によっては毎年好調に推移しているものもあります。 
当社に関係のある染色仕上機械は累計で対前年比84%ですが、化学繊維機械は3年連続で50%以上の増加なのです。

各種繊維機械の生産統計(1月~10月累計)
 

(出所:経済産業省機械統計)

化学繊維機械について
 
合成繊維製造設備の業界ではこの10年間、日本のTMTマシナリー社とドイツのバーマーグ(BARMAG)社との2強時代が続いています。 
TMTマシナリー社は、国内の合成繊維製造装置メーカー大手3社であった東レ・エンジニアリング、村田機械、帝人製機(現ナブテスコ)の合繊機械部門が、平成14年(2002年)に統合して起ち上げられた合成繊維製造機械のトータルメーカーです。 
表①から分かるように、化学繊維機械の需要が伸びているのは、中国の合成繊維メーカーの増産にあると推測されます。  
昨年末には、中国のポリエステル長繊維大手企業が500万トン超への増産体制を進めているとの報道もあり、中国設備の世界シェアはさらに高まることが予想されます。  (引用:日本繊維機械協会HP)

表① 中国・日本の化学繊維生産設備     (単位:千トン/年)
2012年 2013年 2014年
世界の生産設備 34019 38576 40980
日本の生産設備 241 231 231
中国の生産設備 25055 29290 31225
中国・増設分 4885 4235 1935
中国設備の世界シェア 73.7% 75.9% 76.2%
(出所;日本化繊協会統計資料)