染色整理仕上機械など産業機械の設計・製造・販売
花山工業株式会社
コーティング機

素材に付加価値をつけるコーティング機


傘やスキーウェアの撥水やエアーバックなどで使われる目止めなど、生地に機能をもたせ、付加価値のある素材にコーティング加工します。コーティング方法の選択肢も6種類。加工生地、塗布する樹脂に対応した適切なコーティング機を提案いたします。
SAMSUNG
溶剤の性質 コーティング 方法 塗工量
高粘度樹脂
アクリル
ポリウレタン
ラテックス
ナイフコーターknife Doctorの刃先が鋭角で、樹脂を掻く方法floating法やOn knife法がある 10-30g/m2
パイプコーターpipe Doctor の刃先が鈍角で、樹脂をクリアランス分付与する方法 50g-100g/m2
グラビアコーターgravure Gravure roll にて樹脂の体積が管理され、柄を印刷するように押し付け樹脂が付与される方法 Gravure cupによる
ロールコーターrool Rollとrollの間にクリアランスを設け樹脂を流し込み、クリアランス(厚み)の 加圧により樹脂を浸透させる方法。不織布などのBase Coatに用いられる。
低粘度樹脂 キスコーター
kiss
生地の片面に樹脂を擦り付けるように付与する方法。撥水樹脂など片面樹脂加工に用いられる。
ディッピングコーター 生地を樹脂の中に含浸させ、その剤を糸(生地)の表面に 皮膜を張るように乾燥させる方法。帯電防止剤、柔軟剤等で用いられる。

使用する溶剤の性質を見極めた安全対策
当社がコーティング機で一番配慮していることは安全規格です。
コーティングする溶剤の性質によっては、80度くらいで引火してしまいますので、安全対策をとることが重要になります。例えば、布を通しているときにゴムロールとの間に静電気が発生してしまう場合、引火防止のために除電テープや除電バーを用いて静電気が起きない対策をしています。

塗布する樹脂にあわせた最適なコーティング方法
高粘度樹脂をコーティングする場合、それぞれ生地の目付け(重量…g/m2)によりその樹脂の塗工量を計算しながら加工をしていきます。
主に、ナイフコーターではベースコートとして、パイプコーターではトップコートとして、2回のコーティングにより仕上げることが多く、グラビアコーターは主に最後の塗工量調整か、もしくは、ラミネートの際の接着剤の付与として用いられます。
ロールコーターは、用途が限られており一般的ではありませんが、不織布などのベースコートに使用されます。

コーティングラインとしてトータルでご提案
コーティングの作業は、下図の工程で一ラインになります。
レイアウト1  M100196w900 
《クリックすると拡大されます》

当社はコーティングライン全体を当社製品で提案することができますが、乾燥の工程に海外乾燥機メーカーの機械を組み合わせるなど、必要な機械精度とコストパフォーマンスに優れたラインの提案もいたします。


納入実績
年代台数
1981年~1990年0
1991年~2000年6
2001年~2010年6
2011年~2015年12
 24